[Yamada’s VOM] 다양한 문화와 만나는 인천 중앙도서관 (多様な文化と出会える 仁川中央図書館)

“다문화 체험 교실을 통해 출신국의 언어나 문화를 전달할 수 있어요. 자료실에는 다양한 나라의 언어로 된 책도 많아 이주민들이 서로 책을 공유할 수 있습니다. 도서관서 일하는 게 보람되네요.”

지난 4월 11일 오전 인천광역시 중앙도서관(이하 중앙도서관) <다문화체험교실>에 참여한 초등학생들에게 수업을 해준 이수연 씨(몽골출신)는 도서관에서 일하는 소감을 이렇게 밝혔다.

중앙도서관은 이수연씨를 비롯한 결혼이주여성(몽골, 중국 각 1명)을 채용해 주에 한번 다문화자료실 업무보조를 맡기고 있다.

중앙도서관은 오는 4월부터 초등학생을 대상으로 다문화 체험교실을 운영하고 있는데,
중앙도서관 다문화자료실에서는 남동구 관내 초등학교를 대상으로 4월부터 12월까지 체험교실을 진행하고 있다.

‘다문화체험교실’에서는 중국, 태국, 우즈베키스탄, 몽골 등 세계 여러 나라의 원어민 강사와 문화를 체험해 볼 수 있게 준비하고 있다.

다문화자료실 담당인 오혜은 사서에게 물어봤다.

– 다문화 자료실에 대해서 소개해주세요.

“다문화자료실은 25개국 9,437권의 도서뿐만 아니라 중국, 일본의 월간지도 보유하고 있습니다. 다문화가정에 무료택배 도서대출 서비스 등을 하고 있습니다.”

– 다문화체험교실은 어떤 계기로 시작하게 되었나요?

“어린이들에게 다양한 세계 문화를 알리고 다문화감수성 향상에 도움을 주고자 시작했습니다.”

– 앞으로 다문화체험교실 이외에도 시민과 함께 참여 가능할 프로그램 등이 있다면?

“다양한 언어나 문화를 가진 분들에게 소통 공간, 정보교류의 공간으로 자료실내 ‘천사들의 책방’ 강의실을 동아리, 소모임의 장소로 제공할 예정입니다. ”

앞으로도 중앙도서관의 다문화자료실을 통해서 다양한 언어나 문화를 시민들에게도 소개할 것을 기대한다.

 

인천광역시 중앙도서관

주소 21554  인천 남동구 정각로 9 (구월동, 인천광역시 교육청)
Tel   032-421-1152
Fax   032-437-4718
Homepage   https://lib.ice.go.kr/jungang/index.do

多様な文化と出会える 仁川中央図書館

「多文化体験教室を通して出身国の言語や文化を伝えることができます。資料室には、さまざまな国の言語の本も 多いので 移住民たちが お互い
の国の 本を共有することができますよ。だから 図書館で 働くことに やりがいを感じます。」

去る 4月11日 午前、仁川広域市 中央図書館(以下、中央図書館)<多文化体験教室>に 参加した 小学生達に授業をした イ・スヨンさん(モンゴル出身)は、図書館で働く感想を このように 述べた。

中央図書館は、イ・スヨンさんをはじめとする 結婚移住女性(モンゴル、中国出身、各1人)を採用し 週に一度、多文化資料室の業務補助を任せている。

中央図書館は、4月から 小学生を対象に 多文化体験教室を運営しているが、
中央図書館の多文化資料室では、南洞区 管内の 小学校を対象に、4月から 12月までの 体験教室を行っている。

「多文化体験教室」では、中国、タイ、ウズベキスタン、モンゴルなど、世界 各国の ネイティブ講師らと 文化体験してみることが できるように 準備している。

多文化資料室 担当のオ・へウン司書に聞いてみた。

– 多文化資料室について紹介してください。

「 多文化資料室は、25カ国 9,437冊の書籍だけでなく、中国、日本の 月刊誌も保有しています。多文化家庭の無料宅配図書貸出サービスなども行っています。 ”

– 多文化体験教室は どんなきっかけで始めたのか?

「 子供たちに 多様な世界文化を知らせ、多文化感受性の向上に 役立てようと 始めました。」

– これから 多文化体験教室以外にも、市民参加可能プログラムなどがあるのか?

「 今後は、多様な言語や 文化を持った方々に コミュニケーションスペース、情報交流の空間でもある「天使の本屋」教室を サークル、小グループの 集会などの活動の場所として 提供する予定です。」

今後も 中央図書館の 多文化資料室を 通して、さまざまな言語や 文化が 市民たちにも 紹介されることを 期待する。

 

仁川市庁ブログ
http://blog.incheon.kr/221516897186

목록으로
메뉴, 검색 닫기