移住民の人生と声があります
移住民のメディアセンター 移住民放送

移住民放送MWTV(Migrant World TV)は、移住民の人生と声を 伝えることを使命とし
2004年に設立された 韓国国内で 最初の移住民メディアセンターです。
移住民放送には、移住民の人生と声があります。 
移住民放送は 移住民の話と現実を聞いて伝えます。 
移住民と関連した現実と課題を伝える専門媒体であり、移住民自身の人生を 自ら語るメディア活動のための支援センターです。


移住民放送MWTV事業

  • 移住民ニュースVOM

    移住民の現実と課題を扱います

    移住民関連の現実と課題を深く伝える 国内唯一の専門媒体です。 
移住民の生き生きした声を伝える映像と記事を通して、移住民の生きる姿、移住民が処した現実、移住民と一緒にする人々の便りと活動を伝えます。

    ニュースVOMについて

  • 移住民ラジオMWFM

    移住民が自らつくります

    移住民自身の人生を自ら語る移住民ラジオを運営します。移住民が企画し、台本、出演と進行など 制作に参加します。 韓国で生きている 移住民の人生と夢を話します。 
お互いの文化の違いに対して 愉快なおしゃべりを通し お互いを理解する場を作ります。 
今まで 20人余りの移住民が参加し、8カ国 言語圏、17のプログラムが制作、放送されました。

    移住民ラジオMWFMについて

  • 移住民映画祭MWFF

    移住民が映画で語ります

    2006年から 毎年 移住民映画祭MWFF (Migrant World Film Festival)を開催しています。 
移住民が 自らの人生を 映画として制作し、映画祭を通じて 韓国の観客達にもリリースしています。 
映画祭は、先住民と移住民が一緒に集まり、お互いの人生を話し理解し、楽しくコミュニケーションする場にもなっています。

    移住民映画祭について

  • 移住民メディア教育 MW Academy

    移住民が自身の人生と現実を話す場を作り、支援するメディア教育を進めています。 
合計130人余りの移住民と先住民が 移住民放送に参加しました。 
教育生中 約100人余りが ラジオ制作、記事取材及びウェブマガジン発刊に直接参加し、移住民の目で
人生と現実を発信しています。

    – 映像制作教育
    – ラジオ制作教育
    – 記者団教育

    MW Academyについて


お問い合わせ

住所

ソウル市、永登浦区 道林路 435 ( 文来洞 2街14-25 / ソンムンビルディング) 3階 MWTV

02-776-0416      mwtv@hanmail.net

메뉴, 검색 닫기